美味礼讃びみらいさん


 『美味礼讃』とは美食家であったブリア=サヴァランの著作(1825年)の邦題である。袁枚えんばいの記した『随園食単』と並ぶ、東西の美食に関する双璧をなす名著である。
 この本の原題は「Physiologie du Goût, ou Méditations de Gastronomie Transcendante; ouvrage théorique, historique et à l'ordre du jour, dédié aux Gastronomes parisiens, par un Professeur, membre de plusieurs sociétés littéraires et savantes」という長いもので、日本語は「味覚の生理学、或いは、超越的美食学をめぐる瞑想録;文科学の会員である一教授によりパリの食通たちに捧げられる理論的、歴史的、時事的著述」という事になる。以降、本文では単に『美味礼讃』と呼ぶこととする。

原文はここから読むことが出来るので是非参照して頂きたい。「Physiologie du goût, 1825」

ブリア=サヴァラン 肖像


 さて『美味礼讃』は1825年に出版されたブリア=サヴァランの代表作である。彼の正式名称はジャン・アンテルム・ブリア=サヴァラン(Jean Anthelme Brillat-Savarin)である。彼はグルメで著述家であるだけでなく、政治家でもあり、裁判官・弁護士も務めた人物であった。『美味礼讃』の内容はグルメガイドブックのようなものではなく、食を土台とした哲学的考察を進めてゆく随筆集である。

 よく「美食」を「飽食」と同一視して勘違いする人があるが、この二つには大きな隔たりがあることを知っていなければならない。美食とは、大食ではない。よって美食とは、食によって腹を満たすことにその目的がある訳ではない。腹を満たすというよりはむしろ、心を満たす、あるいは知的好奇心を満たすことが美食の真の目的なのである。

 よって美食学、つまりガストロノミー(仏: gastronomie、英: gastronomy)とは、文化と料理の関係を考察することを言うのであって大食や飽食を意味するものではない。むしろそこには料理にまつわる発見、飲食、研究、理解、執筆、その他の体験にたずさわることが含まれているのである。また舞踊、演劇、絵画、彫刻、文芸、建築、音楽といった芸術の領域もそこに含まれていると言っても過言ではない。またそれだけでなく物理学、数学、化学、生物学、地質学、農学、さらに人類学、歴史学、哲学、心理学、社会学も関係していると言っても良いだろう。つまり美食とは学術や文化的な領域のものであり、人間の欲望を満たすためのものでは無い事を理解していなければならない。

 ガストロノミー(美食学)と言うと、フランス文学者の澁澤龍彦が『華やかな食物誌』で述べた以下の言葉を思い出す。

「アストロノミーは天文学のことだが、この言葉の前にG(重力)をつけると、ガストロノミーすなわち美食学となる。アストロは星の意であるが、ガストロは胃の意である。私はガストロノミーという言葉を聞くと、自分の胃のなかで、無数の星が軌道を描いて回転しているような気がしてくる」

 私は澁澤龍彦のこの言葉が非常に印象的であった。なぜならこれを読んだときにガストロノミーが実際に単に食物を味わい腹を満たすだけのものでは無く、精神的なあるいは学術や芸術的なものに繋がっていることを改めて理解させられたからである。

 個人的な話ではあるが「ガストロノミー」という言葉は、私には子供のころからの身近な言葉であった。なぜなら我が家では、私が小学校のころから「菊家ガストロノミーの会」という地方の菓子店の主催するケーキの頒布会に加入しており、毎月の決まった日にケーキが送られてきていたからである。よって澁澤龍彦のガストロノミーとアストロノミーの話を読んだときには、普段から意味も分からずに使い慣れていた「ガストロノミー」という言葉の持っている本来の深さを感じさせられたことへの印象が今でも残っている。
 この頒布会は大分で昭和48年に発足したということなので既に40年以上も続けられている。その当時から「ガストロノミー」という名前を冠しているのもある意味すごいし、40年間も毎月毎月新しいケーキを届け続けている企業努力もなかなかのものである。たまに帰省した時に、今でも家に届く「ガストロノミーの会」のケーキを食べる機会があるのだが、これはもう私には美味い、不味いの世界でなく、帰省でしか味わえないなぜか郷愁を誘う味覚だと言える。子供のころ、家に届いている「ガストロノミーの会」のケーキを食べることがとても楽しみだったことを思い出してしまうのである。


美味礼賛の名言


 さて話が脱線したが、ここで『美味礼讃』に話を戻したい。『美味礼讃』にはブリア=サヴァランの名言が数多くある。ここではその言葉の幾つかを取り上げてみたい。

君が何を食べるか言ってみたまえ。君が何者であるかを言い当てよう。
Dis-moi ce que tu manges, je te dirai ce que tu es.
(Physiologie du goût, 1825,Aphorisme IV)


 これは『美味礼讃』の中では、最も色々なところで引用されている言葉である。英語の諺に “You are what you eat.” というものがある。これは「食べているものでその人の人となりがわかる」という意味なので上記のブリア=サヴァランの名言と同じ意味である。一応上記の『美味礼讃』の英語翻訳本ではどのように訳されているかも記しておくと、それは “Tell me what kind of food you eat, and I will tell you what kind of man you are.” である。いずれもその人自身と「食」が密接に関係している事を端的に表現した言葉であることが理解できる。

 さらにこのような言葉もある。

国々の命運はその食事の仕方によって左右される。
La destinée des nations dépend de la manière dont elles se nourrissent.
(Physiologie du goût, 1825, III)


 この言葉を読んだときは、大袈裟な言葉だなと思った。そして始めの頃はブリア=サヴァランの言葉のなかでも特には気にも留めるようなものではなかった。しかし、ある時、植物に関するパネルディスカッションに参加した際、発酵学者の小泉武夫氏が「日本人は納豆と米を食べていれば良い、そうやって遺伝子をつないできたのだから」というような発言をしていて、始めてブリア=サヴァランの言葉の意図を理解できた気がした。
 つまりリチャード・ドーキンスが『利己的な遺伝子』で述べているように、我々の遺伝子は、肉体という乗り物を必要としている。そしてその肉体は先祖と同様に昔から食べられてきた食物によって支えられている。そう考えると、我々の自我や遺伝的な特質等の全ては、我々、日本人という国民が食べてきた食物にかなりの多くの部分を負っているのではないだろうか?という事である。
 こうした視点に立つと「国々の命運はその食事の仕方によって左右される」というブリア=サヴァランの言葉は大きな意味を持っているように強く感じられる。考えようによっては日本食と言われているものは、我々日本人としての遺伝子が必然的、かつ無意識に選び取ってきた食物・食材・調理法であるのかもしれない。何をどのように食べるのかという事は、実は我々のアイデンティティの根幹にも直結する非常に深い問題なのである。

『美味求真』は、料理の味について語られた本ではあるが、その味を通して、日本人のアイデンティティや文化に迫る内容が包含されている。まさに英語で言われる “You are what you eat.” のように我々が食べているものがその人の人となりを形作るといえるに違いない。さらに逆に考えると、我々の食べ物が我々のアイデンティティの根幹にあるというのもまた「真」ではなかろうか。

 実は「食」とはかくも深き探求を要するジャンルなのである。





参考資料


Project Gutenberg : Physiologie du goût, by Jean Anthelme Brillat-Savarin(フランス語)

Project Gutenberg : The Physiology of Taste, by Brillat Savarin(英語)

「華やかな食物誌」  : 澁澤龍彦

「利己的な遺伝子」  : リチャード・ドーキンス